若者のパラパラ漫画離れについて 若者のパラパラ漫画離れについて

僕が、小学校に通っていた頃は、授業中にパラパラ漫画を書く人が結構いたと思いますが、最近の小学生はパラパラ漫画を書かなくなってきているようです。
それは、勉強に励んでいるという点においては、とても良いことだと思いますが、遊びを知らずに育っているという点においては、あまりよろしくないと思います。

遊びを知らずに育っていくということは、クリエイターとしての資質が欠けたまま育つということです。
勉強好きな真面目な人間が育つ反面、何かを作り出すような人材が育つ可能性がどんどん減っていっているように感じるので、手放しでは喜べないというのが実態だと思います。
そうならないように、子供よく遊んで、よく勉強する必要があるんだと思います。
パラパラ漫画 作り方