シンクロニシティなパラパラ漫画 シンクロニシティなパラパラ漫画

子供の頃、教科書の隅に何気なく描いていたパラパラ漫画。棒人間がバレーボールでアタックを決める場面を描いた記憶があります。その際には親後に見つかってしまい、大目玉をくらったのでした。あの当時は確かアニメでアタックNo1がやっていたので鮎原こずえのつもりで描いていたのでしょう。

月日が流れ、私の子供が小学生になった頃でしょうか、ふと娘の教科書が目にとまり中を見ると、そこには棒人間が描かれて懐かしの、明らかにパラパラ漫画です。

でもひとつ違うのは、そのパラパラ漫画は棒人間が歩いていて、その内キョロキョロし野糞をするまでのお下品な内容でした。同じようなことをしているのに、娘の方が一枚上手のような、そんな気持ちになったのを思いだします。
パラパラ漫画 制作